お盆明けまだまだ残暑は続きそうですが、時折空を見上げると澄んだ秋空のような日も見受けられるようになりました。

今年10月に予定されている消費税増税を前に、周りでは戸建・マンションの売買・リフォームを検討される方が増えてきております。

実際、草加市でも7月からリフォーム工事を目にする機会が増えました。

当然ですが消費税増税後の戸建・マンションの購入・リフォームは金銭的負担が大きくなります。

実際3,000万円程のマンションを増税後に購入すると諸経費を含め70~80万円の差が生じることもございます。

不動産の売却をしたい場合も、増税後であれば買い手が見つかりづらくなったり、希望の売却額を下げなければならない懸念が生じます。

もちろん増税により負担が増えるのは賃貸契約の初期費用も同様です。

色々と増税による負担を上げましたが、大事なのはまだ「増税前」であるということ。

購入や売却などで迷っているなら早目の行動をとることで希望に沿った結果となる可能性も上がります。

弊社では不動産の購入・売却・リフォーム、賃貸、不動産相続に至るまで皆さまのサポートをいたします。

この増税前の機会に是非、弊社へご相談ください。皆さまからのお問合わせを心よりお待ちしております。